誰もやってない新たな副業!?これやったら儲かるのになぜやらない?

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

このコロナ禍で副業をやろうというかたが増えてきていると思います。

副業と言って思い浮かべるのは何がありますか?

クラウドソーシング、アフィリエイト、せどりなどなど結構色々とありますが私が未だどのサイトでもみたことのない副業として稼げるものを今回ご紹介したいと思います。

誰もやっていない副業とは

結論から言うとそれは「マジシャン」です。

私自身、本業はマジシャンをしています。

なぜこれが副業として成り立つかというと、マジックは現象が成立すればほぼ必ず驚いてもらえるからです。

驚きがなぜ収入につながるかというとその非日常の驚きに対してお金を払ってくれる人がいるからなんです。

実際、このコロナ禍でマジックの仕事というのは減ってきてしまっています。

以前は居酒屋やバーなどでマジックをすれば驚いてくれたその対価にチップを払ってくれる人がいました。

飲み会ができないこの世の中でマジックで稼ぐのはかなり難しくなってしまっています。

しかし、このコロナが治った時またマジックで稼ぐことが可能になります。

そうなった時に今から準備していないと乗り遅れてしまいます。

そうならないように今からご紹介する方法で稼げるやり方を身につけておいて下さい。

本当にマジックで稼げるの?

結論稼げます。

本当に誰でも稼げます。

マジックで食べていくためにはマジックの上手い下手というよりはセールスの上手い下手の方が大切です。

例えば簡単なマジックを5個覚えたとします。

そのマジックを駆使して驚いてもらい、しっかりと対価をいただけるようにアプローチすれば1日に10万円を超える報酬をもらうことも可能なのです。

驚いてくれて対価をいただくのを待っているのではダメです。

こちらからアプローチすれば稼いでいくことは現実的に可能なのです。

マジシャンの稼ぎ方とは

マジシャンの稼ぎ方はいくつかあります。

  • 居酒屋と専属契約
  • マジックバーに出演
  • 企業のパーティーや忘年会新年会での出張ショー
  • マジック教室

など工夫をすればまだまだあると思います。

副業として取り組めるのは居酒屋でマジックさせていただく方法です。

馴染みの居酒屋に交渉してマジックさせていただくのもありですし、マジックの団体に所属して派遣されて居酒屋グループでマジックさせていただくこともできます。

また、路上パフォーマンスで報酬を得る方法もあります。

皆様は大道芸をみたことがありますか?

いわゆる路上でやっているパフォーマンスです。

大道芸を見てたら最後にチップを要求されると思います。

あのような感じで路上でマジックをすればマジックで驚いた対価にチップをいただけます。

このようにマジシャンの稼ぎ方は多種多様です。

工夫次第でいくらでも稼ぐことができるようになります。

手先が器用でないとできないのでは?

マジシャンとして活動していてよく言われるのは

『やってみたいけど俺不器用だからなぁ』

『これだけできれば相当器用なんでしょ』

などと良く言われます。

しかしこれは大きな間違いです。

器用じゃなきゃできないのではなくマジックをやったら器用になるんです。

今まで手を使ってきていなかっただけでやってみると案外できるものなんです。

とはいえ、全く練習しないとそれはほとんど失敗に終わってしまいます。

器用でなくても練習すればできるということです。

どうやって学べばいいの?

本格的にマジックを勉強したいのでしたらDVDや書籍を購入して勉強するのが一般的です。

しかし今はYouTubeでアマチュアと言われるところまではいくことができます。

実際私も最初はYouTubeで学びました。

マジックは料理に似ていて基本的な技法ができるようになったらあとはその組み合わせで様々なマジックができるようになります。

まずは基本的な技法をYouTubeで勉強してみてさらなる細かいところを勉強したくなったらDVDや書籍を購入してみて下さい。

その他にもプロマジシャンに教わるというのもひとつの手です。

マジシャンに教わればわからないところもしっかり教えてもらえるのでマジック教室に通うことにはなりますが一番手っ取り早いかと思います。

さいごに

今はこのコロナ禍で活動するのは難しいですが時間を見つけて今のうちにマジックを身につけてコロナが明けたら副業として活動開始できるようにしておくと良いかと思います。

今、マジック業界はマジシャンを増やそうと行動しています。

マジシャンがたくさん増えてしまったらレッドオーシャンになり稼ぎにくくなってしまうので今のうちから行動しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました